業務案内

点検業務

構造物を長寿命化し、トータルコストを低減させていくアセットマネージメントが大事であると考えます。
点検業務は、構造物の健全な状態を保つ上で重要な作業といえます。
橋梁を点検する時、多くの場合梯子や特殊な高所作業車などを使用します。弊社では橋梁点検車、UAVおよびポールカメラシステムを所有しており、迅速に点検作業に入る事が可能です。
このうち、UAV並びにポールカメラシステムは自社製作しており、目的に応じた撮影機材や機体を開発し、ご提供することができます。
点検は、近接目視を基本とし、必要に応じて、触診や打音検査を行い、構造物の損傷がないかを診ていきます。
1
橋梁点検車橋梁点検車を使用した事例
(自社所有)
高所作業車を使用した事例
高所作業車を使用した事例
作業船を使用した事例
作業船を使用した事例
梯子を使用した事例
梯子を使用した事例
UAVを使用した事例
UAVを使用した事例
(自社製作)
L型ポールカメラを 使用した事例
L型ポールカメラを
使用した事例
点検ハンマーを用いた作業
点検ハンマーを用いた作業
チョーキング作業
チョーキング作業
洗掘の計測
洗掘の計測
測量作業
測量作業
UAVカメラ動作
UAVを使用した橋梁点検の様子
UAVを使用した頭首工点検の様子
トンネルやシェッドなどの構造物の中は、人が直接通行する所です。コンクリートが剥落しそうな箇所はないか、また添架物の状況など入念に点検します。

調査業務

点検での結果さらに調査が必要な構造物は詳しく調査し、診断します。構造物の状態を把握する為に、目視はもちろんさまざまな方法で調査していきます。的確な補修をするために、各種試験などを用いて調査することが重要となります。
橋やトンネルなど高所での作業は特殊な高所作業車や足場を組んで調査をする事が多くなります。
また、さまざまな機器を使用し、コンクリートを破壊する事なく診断のデータを得る事もできます。
枠組足場を使用した 作業
枠組足場を使用した
作業
吊足場を使用した作業
吊足場を使用した作業
高所での鉄筋探査作業
高所での鉄筋探査作業
衝撃弾性波計測作業
衝撃弾性波計測作業
(PCケーブル内のグラウトの調査)
衝撃弾性波法を用いた グラウト充填調査状況
衝撃弾性波法を用いた
グラウト充填調査状況
反発度法による 圧縮強度推定状況
反発度法による
圧縮強度推定状況
塩分濃度の計測状況
塩分濃度の計測状況
自然電位測定作業
自然電位測定作業
自然電位測定機器
自然電位測定機器
載荷試験状況
載荷試験状況
コンクリートの代表的な損傷にひび割れがあります。どこに、どんなひび割れがあるか入念に調査し、ひび割れ履歴を診断することにより、構造的なひび割れなのか材料的なひび割れなのかを診断します。
また、コンクリートコア採取やはつり調査、ならびにコンクリート内部の配筋状況の調査のため、鉄筋探査を行う事があります。
ファイバースコープを使用したシース管内部の映像
現場で採取した材料を使用して、自社研究所において物性試験等を行います。
コアの切断
コアの切断
コンクリートの試料調整
コンクリートの試料調整
塩化物イオン濃度分析
塩化物イオン濃度分析
粗骨材の岩種構成率の算出
粗骨材の岩種構成率の算出
中性化試験
中性化試験
可溶性塩化物イオンやアルカリ金属 イオンの温水抽出
可溶性塩化物イオンやアルカリ金属
イオンの温水抽出
鋼構造物の代表的な損傷は腐食です。鋼構造物は、多くの部材で構成されているので、部材ごとに入念な調査をします。また、調査後の補修設計に必要になるため、部材の寸法を計測調査します。
木材においては、その材料から、点検・維持管理が重要な役割をもちます。適切な点検・調査・補修を行えば、ほとんどの場合、木橋の寿命を延ばす事が可能です。

解析

橋梁には、通行する車両の荷重だけでなくさまざまな力が加わりますが、より良い設計のためには、それらを適切に解析する必要があります。
また、ひび割れ等、現在起こっている現象を解析することで原因を把握し、最適な対策を立てることができます。
一言でひびわれと言っても原因は様々です、調査で得た結果を基に原因を解析し、的確な補修方法を選定します。
ひびわれ解析の事例
PC鋼材シース内のグラウト充填不足主桁側面
PC鋼材シース内の
グラウト充填不足
主桁側面
PC鋼材シース内のグラウト充填不足主桁下面
PC鋼材シース内の
グラウト充填不足
主桁下面
アルカリシリカ反応
アルカリシリカ反応
凍害による スケーリング
凍害による
スケーリング
化学浸食による スケーリング
化学浸食による
スケーリング
橋梁構造解析には3次元骨組み解析やFEM解析、格子解析等が必要となります。的確な解析を行うためには、境界条件などの入力において、技術に裏打ちされた経験が必要となります。
3次元骨組モデル例(トラス橋)
3次元骨組モデル例(トラス橋)
3Dモデル図(ダム)
3Dモデル図(ダム)
マスコンクリートのひび割れ防止策として温度応力解析を行うことにより、養生条件や設計条件の選定などを提案していきます。
解析例
解析例

設計業務

橋梁の老朽化・耐震不足が社会問題になっています。橋梁の補修・補強設計で長寿命化に貢献し、耐震設計では大事なインフラを守ります。
補修設計といっても、さまざまな劣化に合わせてそれぞれ補修方法があり、補修方法も多種多様です。その中から、適切な補修工法を選定し設計を行います。
橋脚の損傷図の例
橋脚の損傷図の例
■橋面補修の事例
・橋面防水工  ・橋面排水工 ・伸縮装置設置工(撤去・新設) ・防護柵補修工(再塗装・部分補修他)
・防護柵設置工(撤去・新設) ・舗装工(撤去・新設)     ・舗装ひびわれ補修工・路側工(新設・撤去) 
・地覆補修工(断面補修・地覆延長他) ・排水装置補修工(再塗装・部分補修他)
など


■上部工補修の事例

<コンクリート橋>
・ひびわれ注入工 ・ひびわれ充填工 ・断面補修工 ・表面保護工 ・表面被覆工 ・剥落防止工 ・床版取り替え工
・漏水対策工(後付水切・遊間止水他) ・電気防蝕工 ・外ケーブル工  など
<鋼橋>
・塗装工(塗替え) ・当て板補修工 ・部材取替え工 ・床版打替え工  など

■支承
・支承塗装工(塗替え) ・支承設置工(撤去・新設) ・沓座補修工  など

■下部工の補修の例
・ひびわれ注入工 ・ひびわれ充填工 ・断面補修工  など
橋梁における耐震補強は、大きく2通りに分ける事ができます。1つは地震に対する強度的補強、地震時にかかる大きな力に対して橋が破壊されないようにします。もう1つは、地震の揺れの対策です。地震の大きな揺れや変形があっても橋が落橋しないように設計します。
201507032116302113
■部材の補強
 ・橋脚の巻き立て(RC・鋼製・繊維)
 
■落橋防止システム
 ・落橋防止装置
     縁端拡幅(RC・鋼製)
     桁連結装置(PC鋼棒・緩衝チェーン・)
     突起(RC・鋼製)
 ・変位制限装置
     緩衝ピン(鋼製ブラケット・防蝕アンカー)
     突起(RC・鋼製)
 
■仮設計画
フルテックお問い合わせ
scroll-to-top