福利厚生

仕事と子育てを両立できる企業を目指しています

株式会社フルテックでは、社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定しています。
平成28年6月1日~平成30年5月31日までの2年間
目標1
・繁忙期における労働環境を改善し、時季に拘わらず育児と両立できるよう、特定日に所定外労働時間の短縮の推奨手段として「リフレッシュデー」を計画します。
実施日において、各社員の所定外労働時間の縮減を図り、毎月1回の「ノー残業デー」設定への段階的な移行を目指します。

<対策>
・平成28年 6月~ リフレッシュデーのメリットの説明や社員のニーズの把握
・平成28年10月~ 各社員業務調整の上、リフレッシュデーを計画・実施
・平成29年 4月~ 試験運用結果を基に課題を整理し、計画改善の実施
・平成29年 9月~ 改善案を基に、ノー残業デーを設定・実施
目標2
・父である社員に対し、公的な育児休業等の法制度の内容やメリットの理解を促すため、社内報等で情報を周知します。
   小学校3年生までの子を養育する父親を対象に、土曜出勤日の有給休暇取得促進日を計画し、連休の取得を促進します。
・母である社員の中で、小学校3年生までの子を養育する者を対象に、土曜出勤日の年間有給休暇取得率20%を目指します。(ただし、多胎児の未就学児がいる母に対しては30%を目指します。)
・育児や子の看護のために、休暇を取得しやすい職場風土を醸成します。

<対策>
・平成28年 6月~ 保健だより等を社員に配布し、有給休暇取得の効用のPR
・平成28年 8月~ 下半期へ向け、有給休暇取得促進日を計画・実施
・平成29年 4月~ 長期連休の前後または合間の休暇取得希望者の調査・実施
・平成29年 5月~ 有給休暇取得状況と効果の取りまとめ・計画の継続
目標3
・ひとり親の社員に対し、予防医療費の経済的負担の軽減を図ります。高校生までの子を養育するもののうち、希望する者に対し、1子あたり1シーズンに2度まで、インフルエンザ予防接種費用を会社で助成します。

<対策>
・平成28年 8月~ インフルエンザ予防接種希望者の募集・実施日を決定する
・平成28年10月~ 対象となる社員の子へ、予防接種を実施する(1回目)
・平成28年11月~ 対象となる社員の子へ、予防接種を実施する(2回目)
           (平成29年~30年においても同様の対策を行う)
目標4
・平成30年3月までに、小学校6年生までの子を養育する社員の為に、育児のためのフレックスタイム制度の充実を図ります。
 なお、男性1名、女性2名以上の社員が、制度を利用することを目指します。

 <対策>
・平成28年 6月~ 育児中の社員への面談による、制度利用における組織風土上の問題の把握
           利用可能な制度に必要な条件の明確化
           保健だより等を社員に配布し、フレックス制度利用の効果をPRする
・平成28年10月~ コアタイムを設定し、運用可能なフレックスタイム制度として社内規定化
・平成28年11月~ 保健だよりの中で「次世代育成ニュース」を設け、規定化したフレックスタイム
           制度の周知、啓発活動を行う
・平成29年 3月~ 整備したフレックスタイムの利用を促す
           保健師が相談窓口となり、導入後のフォローを行うとともに評価をし、問題点の
           改善を行う
           保健だよりを通して制度利用推進の為の啓蒙活動を行う

次世代育成支援対策推進法とはどんな法律ですか?

A. 次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境を作ることを目的として、国、地方公共団体、事業主、国民が一体となって取り組んでいくために制定された法律です。
scroll-to-top